もずくの持つチカラ「フコイダン」

もずくの持つチカラ「フコイダン」

フコイダンとはモズクやワカメ、メカブなどの褐藻類にある「ヌルヌル」に含まれる天然成分の一つです。

海藻は引き潮などで、空気晒され乾燥した時や、岩や潮流などで表面が傷ついた時など、このヌルヌル成分によって表面を保護、治癒しているのです。

褐藻類のヌルヌル成分は、「アルギン酸」や「ラミニン」などの注目される成分が含まれていますが、それらの成分以外に「フコイダン」成分が多く含まれていることが、近年分かってきました。

近年フコイダン成分が注目されのは、いくつか理由があります。

一つは悪性細胞をアポトーシス(管理統制された細胞の自殺)に導く作用があるとされ、ガンなどに一定の効果があると期待されています。

また化学療法による副作用の軽減などの報告もなされています。

その他にもフコイダン研究が進むにつれ、様々な効果の報告がなされ、それに比例し良質なフコイダンを多く含む沖縄産太モズクは、健康成分注目の素材として近年、人気が高まっていきています。

粉末もずくに含まれるフコースの量

フコースはフコイダンに含まれている成分で、フコイダンに一番多く含まれているので、フコースを分析してフコイダンの量を積算します。

分析試験項目 結果 検出限界 方法
フコース 24.2g/100g   1 高速液体フロマトグラフ法

2002年財団法人日本食品分析センター調べ

注1.酸加水分解し測定した。加水分解条件:72%硫酸、室温で1時間かくはん後、4%硫酸、オートクレープ注(121度)、1時間

独自の特許技術と受賞歴

収穫したモズクから効率よくフコイダンを抽出するため、弊社では独自の特許技術を駆使して製造しています。

その功績が認められ、沢山の賞を受賞しています。

また特許も取得しております。

独自の特許技術

沖縄産の新鮮なモズクのヌメリを残して洗浄した後、 乾燥機に入れ、20~24時間かけて冷風で乾燥させます。 このモズクを粉末に加工して、モズクの中の有効成分をとりだし、 エキスを抽出し、濃縮して製造しています。

特許を取得しています

平成17年
乾燥モズクの製造方法。
平成19年
食物繊維の豊富な清涼飲料水の製造方法。

数々の賞を受賞しています。

平成14年
乾燥モズクの製造方法で沖縄県知事賞受賞
平成16年
乾燥モズクの製造方法で文部科学大臣賞受賞。
平成17年
フコイダンを含有したモズクのエキスの製造方法で沖縄県知事賞受賞
平成18年
フコイダンを含有したモズクのエキスの製造方法で乾燥モズクの製造方法で発明協会沖縄県支部長賞受賞

お問い合わせ

乾燥もずく・モズクエキス・その他お気軽にご連絡下さい。